確定拠出年金の商品の失敗しない選び方とは?

老後の資産を形成する方法の一つとして注目を集めている確定拠出年金。ですが多くの人は「どのような商品に投資すればよいのかわからない!」と思っているのではないでしょうか。わからないからすべてデフォルトの商品に投入している、なんて人も多くいるでしょう。ここでは確定拠出年金の投資先について確認することにします。

☆元本確保型と元本変動型の商品を理解する
運用商品の選び方一つで老後に使えるお金は大きく変わってきます。商品の特徴を理解して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。まずは元本について。商品の中には定期預金を代表とする元本確保型と、投資信託や株式を代表とする元本変動型の二種類が存在します。前者は元本が保証されているため、これまで預けた金額分は確実に受け取ることができます。一方で利子や運用収益はほとんど期待できません。
後者は運用して収益を得ることを前提としているため、預けた額より大きな金額が戻ってくる可能性があります。その一方で元本割れの可能性も否定できず、予想していた額よりも少ない金額しか老後に用意されていなかった、なんてことにもなりかねません。

☆リスクとリターンのバランスを考える
このように元本確保型と元本変動型にはそれぞれのメリット・デメリットがあり、それぞれの特徴をきちんと理解した上で選択することが求められます。選び方のポイントは、リスクとリターンの関係を知ることです。一般的にリスクが高い方がリターンも高い傾向にあります。リスクとリターンは相関関係にあり、このバランスを考えて商品を選ぶことが、自らの老後を豊かなものにするためには欠かせない視点といえるでしょう。

☆自分のライフプランに合わせて計画を立てる
日本人は一般的に元本割れする商品を嫌い、元本が保証された商品を選ぶ、いわば安定志向があるようです。そこには「他の人もそうしているから」という他人任せの心理が働いているのも否めません。ですが自分の老後は自分で決めるもの。どんな老後を送りたいかを今のうちから考えておくことで、どのような商品に資金を多く割り振ればよいのか、自ずと判明するはずです。定年退職をしてからも仕事に縛られて生きていくのか、悠々自適の老後を目指すのかはあなた次第です。まずは自分の理想とする生活スタイルとそれに必要な金額を試算してみるところからはじめてみてはいかがでしょうか。ほったらかしにしていた確定拠出年金の投資先を考えるキッカケになるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. 確定拠出年金は、利用できる人が限られている制度でしたが、改正によって利用できる人の範囲が広がります。…
  2. 確定拠出年金には企業型と個人型があります。企業型は会社が確定拠出年金制度を採用している場合に利用でき…
ページ上部へ戻る