掛け金の全額が所得控除に!

確定拠出年金は、さまざまな節税のメリットがあります。まず、節税効果が得られる大きなポイントは、「掛け金の全額を所得控除できる」ところです。

企業型確定拠出年金は、マッチング拠出した金額の全額が所得控除、個人型確定拠出年金は、掛け金の全額が所得控除することができます。

「所得控除」とは、所得税を計算する元となる課税所得額から減額できることを言います。つまり、所得控除が増えるほど、支払う所得税が減ることに。ですからこの制度を利用することで大きな節税ができます。

企業型の掛け金上限は、毎月5万5,000円になりますが、他の企業年金制度も利用している場合には、2万7,500円が上限です。個人型の掛け金上限は、自営業者、フリーランスなどは月6万8,000円です。専業主婦(夫)は、月2万3,000円です。会社員の方は少し複雑ですが、企業年金制度がない方は月2万3,000円、企業年金制度が企業型確定拠出年金のみの方は月2万円、その他は月1万2,000円となります。いずれも5,000円からスタートすることができます。

例えば、年収が600万円程度の会社員が個人型確定拠出年金に加入し、毎月上限の2万3,000円を拠出した場合、年間の掛け金の合計金額は27万6,000円になります。そして、この27万6,000円はその年の給与所得から減額できるので、仮に所得税率が10%だと、所得税が約2万7,600円節税になりますし、住民税(一律10%)と合わせると約5万5,200円の節税になります。「節税分だけ確実に利益が得られる」と考えると確定拠出年金はとてもお得な制度といえます。

掛け金自体が全額所得控除になるので、夫婦で共稼ぎ世帯であればさらにメリットは大きくなります。例えば、所得がそれぞれ600万円の会社員で年間24万円ずつ確定拠出年金に拠出すると、合計は年48万円です。所得税、住民税合わせて20%なら、夫婦2人で約9万6,000円の税金が取り戻せます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. 確定拠出年金は、利用できる人が限られている制度でしたが、改正によって利用できる人の範囲が広がります。…
  2. 確定拠出年金には企業型と個人型があります。企業型は会社が確定拠出年金制度を採用している場合に利用でき…
ページ上部へ戻る